2013年12月29日

母の「おむつ」を換える僕

僕が赤ん坊の頃に「おしめ」を換えてくれた母の「おむつ」を、今度は僕が換える。

妻の母は生前、常々「歳をとったら、子どもに面倒をかけたくない」と言っていて、そのとおり、昨年、ぽっくりと「子どもたちに面倒をかけず」に急逝した。

でも、妻の兄弟は「子どもに面倒をかけてくれてもいいから、もっと生きていて欲しかった」と言った。

あなたなら、どっちが自分の人生として望む?

まぁ、でも、あなたのお子さんたちがどう望んでいるかというのあなたの希望は必ずしも一致しないけれどね。(いいにしろ、悪いにしろ)

「今度出す、アルバムが最後のアルバムだとしても悔いを残さないように製作している」というのがユーミンと彼女の旦那(松任谷正隆)の暗黙の了解らしい。


たとえ、明日の朝、息をしていなかったとしても、悔いが残らないように「今を生きる」という覚悟がマジで必要だ。

明日の朝、息をしているということは、何気ないことだけど、本当は「奇跡」だ。

明日の朝、息をしていない可能性だって、十分にありうる。


「悔いを残さない」

それには努力が必要だ。
posted by ホーライ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

原因と結果の法則

■原因と結果の法則

何かにつまずいた時や心が弱った時、頼りたくなるのが本書だ。

本書は1902年に英国の作家によって記されたもので、世界に数多くある啓発書のルーツとも言われている。


現実がままならないのは、すべて悪しき思いによるもので、環境のせいではないと説く。

結果としての成功も失敗も、その原因は必ず人間の心の奥底にある支配的な思いにあると言う。

「自己制御は熟練技能」という啓発書の基本が、1世紀前に存在していたことは興味深い。

デール・カーネギー、オグ・マンディーノなど、現代成功哲学の祖たちが、もっとも影響を受けた伝説のバイブル『AS A MAN THINKETH』。

聖書に次いで一世紀以上ものあいだ多くの人々に読まれつづけている、驚異的な超ロング・ベストセラー、


「私たちの人生は、ある確かな法則にしたがって創られています。私たちがどんな策略をもちいようと、その法則を変えることはできません。

『原因と結果の法則』は、目に見える物質の世界においても、目に見えない心の世界においても、つねに絶対であり、ゆらぐことがないのです」(本文より)

精神論、ビジョンの持つ力に関する本で、心の持ち方やビジョン(原因)が 如何に成功(結果)に結びつくかについて書かれてる。


気に入った箇所を引用すると

「気高い夢を見ることです。あなたは、あなたが夢見た人間になるでしょう。」

「あなたの理想は、あなたの未来を予言するものにほかなりません。」

「自己コントロールは強さです。正しい思いは熟練技能です。 そして穏やかさはパワーです。」

この本の良さはシンプルな言葉で最小限の文章、例示もミニマムであるにも拘らず力強い説得力があり、読んでいるその場から気持ちが穏やかになり、ポジティブな気持ちが高まることだ。


「原因」と「結果」の法則




【送料無料】「原因」と「結果」の法則

【送料無料】「原因」と「結果」の法則

【送料無料】「原因」と「結果」の法則
価格:1,260円(税込、送料別)





posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

書物を通じて学ぶ

あなたは学校を卒業してから、どれくらい学習を継続しているだろうか?

偉大な成功者はみな、知識に対して強い情熱を持っている。

知識には力が秘められている。

ほかの人の失敗から学べば、より少しの試行錯誤で成功する可能性が高くなるからだ。


書物の中には先人の知恵が収録されている。その知恵を活用すべきだ。

やる気を高める秘訣を本の中で公開してくれている成功者がたくさんいることに感謝しよう。

こんなことを考えてみよう。

たとえば、ビル・ゲイツからじかに教えてもらうためには、どれくらい謝礼を払わなければならないだろうか?

どんなに高額でも、謝礼で教えてくれるなら、まだ、ましだ。

今ならじかに教えてもらえない「孔子」からでも、書物なら学べる。

大金をはたいて短時間だけ面会するくらいなら、じっくりと本を読んだほうがいい。

本を読んで得られる知恵は、それくらい貴重なのだ。

多くの場合、同じ本を繰り返し読むことによって、一回目に読んで見落としていたことが理解できる。

良書は、繰り返し読むことで大きな差が生じるものだ。

「人類の行動や思想はすべて、書物の中に魔法のように保存されている。」トーマス・カーライル(イギリスの思想家)
posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

手本のように成功できると信じる

手本は完璧である必要はない。

その人を見て「あんなふうになりたい」と思えるような存在であればいい。

そっくりになろうとするのではなく、同じように成功することを目標にしよう。

その人の成功にならい、「自分も必ず成功するぞ」という気概を持つことが大切だ。

手本になる人がいくつかの点で不完全であってもかまわない。

欠点があるにもかかわらず成功をおさめたことを、むしろ励みにすればいいのだ。


「あの人はあんな欠点があるのに大きな業績をあげた。私も完璧ではないが、成功をおさめることができるはずだ」と自分に言いきかせよう。


「誰かを手本にするというのは、その人が実行してきた効果的な方法を学び、それを応用することである。

私がたいへん驚くのは、この方法を使えば、自分に欠けている部分を補って確実に成功できるということだ。」

ドン・ブラッカビー(アメリカの心理学者)
posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

成功者から学ぶ

成功者は常に学び続ける。

学習を続けることの大切さについて説明しよう。

ただし、ここでいう学習とは、学校に行って授業を受けることではない。

自分と同じ目標をすでに達成した人をみつけ、その人から学ぶという意味だ。



単純明快な成功法則を教えよう。

もし、あなたが成功したいのなら、自分と同じ目標を達成した人を見つけ、その人と同じことをすればいい。

そうすれば、あなたもその目標を達成することができる。

手本になる人は、あなたにやる気を持たせてくれる。

それができることをみずから証明し、あなたにもできることを教えてくれる。

「二十歳であれ、八十歳であれ、学ぶことをやめてしまう人は老人だ。学び続ける人はいつまでも若い。最も素晴らしい生き方は、心も若さを保つことである。」 

ヘンリー・フォード(フォード社の創業者)


posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

偽装。データねつ造。虚偽報告・・・・もう、うんざりだ

食品業界、JR北海道、政界、そしてもちろん、治験業界。

偽装、データねつ造、虚偽報告という文字が新聞に並ばない日はない。

なんのために?

会社のため?

自分のため?


その瞬間に、自分の誇りをドブに捨てているということに気づかない人。

どんなに罰則規定があっても、不正は無くならないだろう。

何故なら、それは人間の心から出てくるものだから。

で、あるならば、心を強くすればいい。

その行為は心が揺れた時に出てくる。

冷静に、平穏に、素直に、愚直に、正直であればいいのだ。

明日の乾杯のために!

posted by ホーライ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

成功者になることを選ぶ

自分の人生に責任を持てば自尊心が向上する。

自分の人生の主導権を握っているのは自分であることが実感できるからだ。


業績をあげた人に共通しているのは、人のせいにしないことだ。

あなたは本当に成功したいのだろうか?

もし、そうなら、自分の問題を人にせいにしないと誓うべきだ。



あなたは勝者と敗者のどちらにもなることができる。

自分が置かれている環境をコントロールすることはできないが、それにどう対応するかはコントロールすることができるからだ。

どのような状況でも、あなたのポジティブな心の持ち方は誰にも奪い取ることはできない。

あなたは自分の心の持ち方をコントロールする権利を持っているのだ。



両手を見ながら考えてみよう。

片方の手は、敗者になるためのカギを握っている。

「自分がこんな目にあうのは社会が悪いからだ。」というネガティブな心の持ち方だ。

もう片方の手は、勝者になるためのカギを握っている。

「どんなにひどいことが起こっても、必ず乗り越えて成功するぞ」というポジティブな心の持ち方だ。

あなたはどちらのカギを選ぶだろうか?



「障害は勝者にとっては試練であり、敗者にとっては言い訳である。」M・E・カー(アメリカの作家)



●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●自分を3日で変える自己啓発の方法
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

自分のミスを進んで認める

ほとんどの人は、自分の問題を人にせいにする。

それは人間の本性なのだ。


何かがうまくいかなくなったときに、それが自分のミスであることを認めるのは勇気がいる。

自分のミスを進んで認めるのは、美徳だ。



「へたな水夫は風のせいにする」という格言がある。



風が船の進路を狂わせることがあるのは事実だが、うまい水夫は風のせいにせず、経験を生かして軌道修正をする。

成功者も同様だ。

彼らは問題が起こっても言い訳をせず、知恵を働かせて問題を乗り越える。



「自分の人生に責任を持つことは、子どもから大人への大きな一歩だ。それはまでは不平を言い、周囲の人を責めるが、自己責任に目覚めれば、自分の人生を切り開くようになる。その結果、敗者から勝者へと変身することができる。」

ブライアン・トレーシー(アメリカの経営コンサルタント)



●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●自分を3日で変える自己啓発の方法
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の人生に責任を持つ

どんな目標であれ、それを達成するためには、自分の行動に百パーセント責任を持たなければならない。

自分の問題について他の人を責めるのは慎むべきだ。



あなたは自分の人生に責任を負っている。

それは成功するための絶対条件だ。



自分の問題を他人や環境のせいにするのはやめて自分で責任をとれば、成功への扉が開く。

言い訳をせずに生きれば、自分を磨くことができるからだ。

自分の人生の責任をとるのは生易しいことではない。

だが、自分の問題について他の人を責めているかぎり、自分の状況を改善することはできない。


なぜか?


人間は自分の責任だと思わないことを変えようとしないからだ。


「人々は自分のことについていつも環境のせいにしている。私は環境なんて関係ないと思う。社会に出て業績をあげる人は、理想的な環境が見つからないなら、自分で積極的にそれをつくり上げるものだ。」

バーナード・ショー(イギリスの劇作家)


●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●自分を3日で変える自己啓発の方法
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

ほめ言葉や過去の成功を思い起す

あなたは、ほめ言葉や過去の成功を思い起すことによってやる気を高めたことがあるだろうか?

ほめ言葉や過去の成功を思い起せば思い起すほど、やる気が高まる。



「成功は成功につながる」という格言のとおり、過去の成功の上に新たな成功を積み重ねることは、何もないところから成功をおさめるよりも簡単だ。

自分が過去に成功をおさめたことを思い起せば、将来、再び成功をおさめるための励みになる。


ほめ言葉や過去の成功を思い出して書き留めておこう。

そうすれば、あとで思い起こすことができる。

忘れないように何度も読み返そう。

そうすれば、目標の達成に必要な行動をとろうという願望を燃やし続けることができる。



「1日1日は失敗の連続であっても、それが積み重なると成功につながる」ゲーテ(ドイツの作家)



●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●自分を3日で変える自己啓発の方法
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。