2010年08月13日

■意外といい

ブログを大量に作っているので、我が家の本棚や物置をひっくり返して、いろんな本を探した。
すると、僕が20代後半に読んでいた懐かしい本が出てきた。
それはこれだ。
  ↓
●眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用 [単行本]  ジョセフ・マーフィー (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4382050170/horaihonoyomu-22

なんとも胡散臭いタイトルで、中身もなんだか怪しげなのだが、意外といいのだ。

この本ではどうやったら「眠りながら」成功するかを誇大広告なみに説明している。
どうやったら、眠りながら成功するかと言えば、ひとことで言うと、目標、夢、願望をしっかりと意識して、潜在意識に刷り込め、ということだ。

これは結局、プラス思考を推薦しており、さらに一流のアスリートのように「イメージトレーニング」せよ、なのだ。

この本の中の成功事例の中には、それはいくらなんだって、偶然でしょう!というのもあるが、とにかく、試してみるといい。
なにしろ、無料なのだから。
せいぜいコストと言えば、この本を購入する代金だけだ。
法外な値段で壺を買いなさいとか、印鑑を作りなさいとか、そういうことは一切いない。

自分の望みを紙に書いて、毎日、朝と夜に、その望みを読み上げる。
あとは、望みがかなった時のことをイメージしながら、眠ればいい、だけだ。

そう言えば、僕も小学生の頃、科学者になりたいという夢を持っていた。
いつも白衣を着て、試験管を振ることを夢見ていた。
この夢は、薬科大学に入ることで達成できた。

さらに、高校生の頃は、学校の先生になりたいという希望があった。
これも、製薬会社に入ってから、同僚たちに「有機化学」を教えるということで、夢がかなった。
(製薬会社に通いながら、自宅で小学生や中学生を対象に塾をやっていた、というのも夢の実現化だと言える。)
今も「教育研修グループ」に所属している。


結局、強くイメージしたり、四六時中、願望のことを考えていると、そちらの方へ体が動いてくれるのだ。
さらに、それをかなえるための選択を、無意識のうちに、やっているのだ。

たとえば、科学者になりたいと思っていたら、大学をその系統に選ぶわけだ。
人に教えるのが好きだから、製薬会社に通いながらも、塾を開催したりするわけだ。


そんなことがこの本にたっぷり入っている。
  ↓
●眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用 [単行本]  ジョセフ・マーフィー (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4382050170/horaihonoyomu-22


意外といいよ。


■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/



posted by ホーライ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック