2010年08月17日

■僕の人生に影響を与えた10冊(4)

この日記のタイトルになっている村上春樹の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 』。
           ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410100157X/horaihonoyomu-22


村上春樹の初期作品群の中の記念碑的傑作なのが、これ。

〈私〉の意識の核に思考回路を組み込んだ老博士と再会した〈私〉は、回路の秘密を聞いて愕然とする。
私の知らない内に世界は始まり、知らない内に終わろうとしているのだ。
残された時間はわずか。

〈私〉の行く先は永遠の生か、それとも死か?
そして又、〔世界の終り〕の街から〈僕〉は脱出できるのか?

同時進行する二つの物語を結ぶ、意外な結末。村上春樹のメッセージが、君に届くか?


・・・・・・ということで、2つのパラレルワールドを行ったり来たりする物語。

BGMとしては、常にスタン・ゲッツが流れている。

後の『ねじまき鳥クロニクル』や今回の『1Q84』のように不思議な世界を通じて、この世界の不条理を描いてみせる村上春樹独特の力技の作品だ。


●ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編
           ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101001413/horaihonoyomu-22


●1Q84
  ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103534222/horaihonoyomu-22


●イパネマの娘(スタン・ゲッツ)
  ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000060N8O/horaihonoyomu-22


ただ、名作だからと言って、誰もが真っ先に読むべきかというと、そうはいかない。
まずは、村上春樹の世界に慣れてから、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 』に進んだほうが奥深く読み解ける。
では、何を読めば村上ワールドに慣れるかというと、それが『羊をめぐる冒険』であり、さらにこの『羊をめぐる冒険』を読むために絶対にはずせないがの『風の歌を聴け』になる。

つまり、村上ワールドは『風の歌を聴け』で始まり、『風の歌を聴け』で終わるのだ。(終わってないけど。)


■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/



posted by ホーライ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。