2010年08月26日

■巣立った鷹の雛たち

新入社員が最終面接試験を経て、巣立っていった。

なかには、巣に足をひっかけて、頭から地上に突っ込んだ雛もいれば、無事に着地して、よたよた歩きだした雛もいれば、翼を羽ばたかせ、今にも大空に飛んでいきそうな雛もいた。

僕たちの導入研修は終わったが、これからはみんなが大空を舞えるように継続研修をやることになる。


一人前のモニターになるのは、だいたい3年後だ。
3年目になれば、ひとりでたいていのことができるようになる。
(できれば複数のプロトコルを経験しているといいのだが。)

そして5年後には、新人をOJTで育てられる、というところまでくる。

僕は、今の会社に5年前に転職でやってきたが、その同じ年に新入社員で入ってきたモニターたちが、今年は、新人の育成に力を出してくれた。

これからは、チームワークの中で、新人たちには、組織に活力を与えてほしい。
新陳代謝を活発にして、新しい血液が全身に行き渡るように。

今回のモニター指名試験は、ただの通過点でしかないからね。
明日からは同じ立場で、治験を活性化していこう。

僕たち、研修グループのメンバーは、その手伝いはできるが、基本的に自己成長は自分の責任であり、独学が最終手段だ。
きっかけ作りだけは僕にできる。

5年後を楽しみに、研修をやっていこう、っと思う、今日この頃である。。



■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/




posted by ホーライ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。