2010年09月01日

■挫折した人へ

人生で初めて挫折すると、とても落ち込む。
生きていくのをやめようかと思うほどだ。

でも、挫折も人生のステップだと思えるようになりたい。

誰だって、挫折は辛い。
しかし、全く挫折しない人生というのも、そうそうあるものでもない。

だから、人生最初の挫折を感じている人は、やっと「ひとなみ」になっただけだと思えばいいのだ。


僕が最初に挫折感を感じたのは、高校生の頃だった。
その時は、本当に死んじまおうかと思ったのだが、ひとりの友人がそれを救ってくれた。
(ちなみに、その時、タバコを覚えた。)


その後も、何度か挫折を感じたが、二度目の挫折からは、「なるほどね。」と思えるようになった。
何が「なるほどね」かというと、「なるほど、社会って、世の中って、人生って、そういうことね。」ということだ。


世の中「ママナラナイ」。
まったく、「ママナラナイ」。

大事なのは、ママナラナイ世の中とどう折り合いをつけていくかだ。

そして、それにしても、「まんざら、捨てたものでもない」というのも、世の中であり、人生なのだ。

だから、挫折を感じている人は、落ち着きを取り戻すまで少し、時間がかかると思うけれど、挫折感が少し減ってきたら、新しい目標を見つけるといい。
そこに生きる道を見出すまで、それを繰り返せばいい。

どんな人生でも、自分が諦めない限り、挑戦が続き、それに値するゴールが待っている。
挫折から脱出するのは、それを思えるかどうかだ。

とは言うものの、まぁ、僕の挫折感なんか、3か月も続かなくて、また、すぐにバカな目標を夢見る。

なにしろ、僕の好きな口癖が「まぁいっか」(森山良子)と「無かったことにしよ!」(ビートたけし:北野武)なのでした。チャンチャン。


■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/



posted by ホーライ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。