2010年09月20日

■先生、私、がんですか?

ある婦人が主治医に聞いた。

「先生、私、がんですか? はっきりと言ってください。もし、がんなら、明日から充実した人生を送りますので。」

「奥さん、それ、間違っていますよ。がんだろうが、がんでなかろうが、充実して人生を送ってください。」


人生は、それほど長くない。
夕方に死が突然、訪れることもある(何の不思議もない)。

だから、私たちが何かをなすチャンスは、いつも今、この瞬間にしかない。

そして、その限られた時間の中で何かをなす以上、何かをきっぱりと捨てなければならない。
何を捨てようかと悩む必要はない。
懸命に行動していると、不必要なものは自然と自分から離れていくからだ。
(だから、漫然と過ごしてはいけない。)


こうして、私たちは、さらに身軽になり、目指す高みへとますます近づいていくことになる。

最高の高みを目指していくうちに、最後は、自分が自分を離れて、さらに身軽になる。

それまで、高みを目指して生きていこう。



■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/



posted by ホーライ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。