2011年01月23日

『無料』以外は高い!(治験において、患者さんに謝礼を払う時代がくるだろうか?)

ネットのニュースで見たのだがある自治体(忘れた)が、職員が使うソフトとして、従来はマイクロソフト社の「オフィス」の有料版を使っていたのを、予算削減のために、無料のオフ

ィスツールを使うことにしたらしい。

これだよね。
 ↓
http://cid-4273b5942f58f39d.office.live.com/

また、ある小学校ではOSをウィンドウズから無料のオープンOSのリナックスにしたらしい。

昔なら思いもよらないことだ。

「無料」は無料だから、そこそこのもんでしょ、と思ったら大間違いだ。

そもそも「インターネット」というシステム自体は無料だ。

無料でいろんなノウハウをダウンロードできるサービスもある。

たとえば、これ。
  ↓
■ わずか3分で、あなたの価値をアップする『転職成功者の秘密』
  ↓
http://www.gekizou.biz/report.php?aid=1015990&cid=8061


まぁ、無料には無料の訳があり、それぞれの思惑が働いているのだが、それでも、利用者はありがたい。

そのうち、無料以外は「高い!」ということになるかもしれない・・・・・・。


治験の世界での常識も、そのうち、覆されることがあるかもしれない。

そうそう、昔の上司が言っていたが「GCP」が無かった時代、治験は患者さんにはハッキリと明言せず「新しい薬を試しますか」とかなんとか言って、治験薬を投与していた時代があ

った。
その後、「旧GCP」が施行され、患者さんの「同意」が必要になった(まだ口頭同意も認められた)。
そういう時代になったとき、「絶対に治験なんて無理だ。同意なんてとれっこない」と感じたそうだ。

それが、今や「文書同意」しか認められなくなった。

今では健康人を対象としたフェーズ1でしか「謝礼」は認められていないが、患者さんが参加されるフェーズ2以降でも「謝礼」が認められる時代が来るかもしれない。

あるいは、「アジア圏でどこかの国が1つでも承認した新薬は他の国では治験無しで、無条件に使える時代」も来るかも(ヨーロッパのように)。


それは、その時代にならないと分からないことだ。

そんな時、「保守的に、それは無理だ。ダメだ。できっこない。」と思ってしまわないだろうか。

柔軟な思考でいたいものだ。


■■■ 続きはこちら ■■■
  ↓
「インターネットで出来ること。ビジネスに役立つインターネットのサイト、ツール」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。」
ラベル:治験
posted by ホーライ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。