2011年01月30日

血は争えない(ゆめをかなえる2)

息子は今、美大の舞台芸術というところで学んでいるが、昨年、自分で劇団を立ち上げ、公演をした。
そもそも、この息子は「人前では何もしゃべれない」位の奥手で、ほとんど病気だろうと家内は息子が小さな頃から言っていた。

実際、私立大の付属高校に行ったが、集団生活が送れずにドロップアウトした。

この息子が時々、アマゾンから本を買っているのだが、その伝票を見ながら、家内が「やっぱりお父さん(僕)の息子だわ」というので、「なんで?」ときいたら、アマゾンの伝票を見せてくれた。

「物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン 」・・・・・なるほど、僕の息子だ。


そういえば、僕も高校時代から、チャッチィ小説を書いていた。

ネットを使い始めた頃に書いた小説もある。
  ↓
http://horai-novel.seesaa.net/

どうせ、血は争えないのならば、その血が騒ぐ仕事についてほしいもんだ。
あるいは、食べていくためにバイトをしながらでも、自分の好きな道を進んでいってほしい。

さっき、自分の夢をネットでかなえるという日記を書いたばかりだけど、本当に、そう思う。
  ↓
http://horai-learning.seesaa.net/?1296376868

僕もまだ夢を諦めたわけではないけれど、その夢のうち半分以上は「家庭」を持ったために断念した。

まぁ、家庭を持ったがために断念した夢というのは、しょせん、その程度の夢だったとも言える。


夢を無条件に見れる時代に、夢をかなえる道を歩き始める、それがベストかもしれない。


■■■ 続きはこちら ■■■
  ↓
「インターネットで出来ること。ビジネスに役立つインターネットのサイト、ツール」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。」




posted by ホーライ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。