2011年02月07日

仕事は楽しければいいのか?

最近、OJTについて考えている。

その中で思ったのが、OJTでも、OJT担当者や上司によって指導方法が違ってくる。

その指導方法を大きく2つに分けると「弱点克服型」と「長所育成型」がある。


「弱点克服型」では、指導する若手の「弱点」や「問題行動・発言」「改善すべき点」に注目して、指導する。

「あれは、そうではなくて、こうすべきだろう」という指導が多くて、「あれはよかったね。次回からもあれでいこう」という奨励は少ないのが特徴だ。

このタイプの課題は「単なる批判」につながりかねないところだ。


一方で「長所育成型」ではその名のとおり、若手の良い点を見いだし、それをさらにパワーアップするよう指導する。

このタイプの課題は「甘え」につながりかねないところだ。


今までの僕の経験では外資系では「長所育成型」が多く、内資系では「弱点克服型」が多かった。

僕は言うまでも無く「長所育成型」だ。

仕事を楽しくやるためには「長所育成型」がいい。

「仕事は楽しければいいのか?」という「弱点克服型」の指導が入りそうだが、これまた言うまでもなく、「仕事は楽しければいい」のだ。



■■■ 続きはこちら ■■■
  ↓
「インターネットで出来ること。ビジネスに役立つインターネットのサイト、ツール」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。」



posted by ホーライ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。