2011年03月29日

歳を取るということは知り合いが増えていくと、減っていくこと?1

近、調子がいまいちなので、いつも行っている精神科クリニックに予約しようと診察券をあらためて見たら、診察している曜日が少ない。

月、木、金で、木曜日まで待たないといけない。

待たないといけないと言って、待てる病気ではないので、以前通院していたクリニックに予約をいれた。

今、通院しているのは女医さんで、以前通院していたクリニックは男性だ。

(『女医さん』という言葉はあるが、『男医』という言葉はないよね。)

この女医さんも男性医師も僕と同じ年齢だ。

男性医師のほうには、息子も一時、お世話になっていた。

僕自身は5年以上もお世話になっている。


この医師はどうやらクリスチャンらしく、「ご自由にお持ち帰りください」というカゴに「キリスト教の言葉」などが書かれている本を置いていたり、僕の息子に用に「これあげますから、読ませてください」と「悩みは普通」というような本を貰ったこともある。

おとなしい紳士的な医師だ。


今日の6時40分から診察なので、受付を済ませて、呼ばれたので診察室に入った。

すると、驚いたことに「おじいさん」がいた。

あれ?いつもの医師のお父さんかな? と思いつつ、とりあえず、最近の僕の様子を伝えたら、「で、どうして欲しいの?」というので、「これこれの薬をください」とお願いして、その通りの処方箋を出してもらった。

診察も終わり、受付の女性に「先生が変わったのですか?」と聞いたら、「あ、●●先生ね、昨年の3月に亡くなったの。」ときいて、びっくり仰天した。

「え?どうして?」

「胆管がんだったの。分かったときはもう末期だったみたいでね。」

「そうですか・・・・・。」


僕の弟が我が家の娘にこんな名言をはいていた。

「人間、歳を取るということは、自分が成長することではなく、知り合いの子どもが成長することなんだ。」と。


僕らの世代になると、「歳を取るという事は知り合いがだんだん少なくなる」ということだ。

いつ、なんどき、僕も同じことになりかねない。

毎日、悔いを残さないように生きていかないといけないと、あらためて痛感した。


男性医師のご冥福を祈りたい。




●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)


●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
最新のB級ニュース(A級ではないがC級でもないニュース)



●●● 最新のE−ニュース(考えさせられるニュース)●●●
       ↓
最新のE−ニュース(考えさせられるニュース)


●●● 最新の科学ニュース(気になるニュース)●●●
       ↓
最新の科学ニュース(気になるニュース)


●●● 最新のB級ニュース(A級ではないがC級でもないニュース)●●●
       ↓
最新のB級ニュース(A級ではないがC級でもないニュース)




●●● ホーライのポータルサイト(僕以外の人には全く使えない)●●●
       ↓
ホーライのポータルサイト(僕以外の人には全く使えない)


ラベル:人生
posted by ホーライ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。