2011年06月02日

何故、将棋の人気は衰​えないのか?

昨日のNHKテレビで、「将棋の人気」についてやっていた。

今ではネットテレビを使って、どこからでも「将棋の師匠」に習うことができる。
このネットテレビのシステムは、ある「ゲームメーカー」が提供している。
なぜ、そのゲームメーカーが、システムを提供しているかというと、「何故、将棋の人気はすたれないのか」ということを研究するためとのこと。

テレビゲームは一時的には人気が爆発的に上がっても、ある期間が過ぎると、人気が下がる。
ところが、将棋は何百年も人気が衰えることがない。
将棋のルールもシステムも全然、変わらない。
それなのに、人気は落ちない。
何が、将棋に人を引き付けるのだろう?

これは、将棋に限らず、チェス、囲碁、麻雀、等など、いろんなゲームで言える。

僕は「ヒカルの碁」が大好きだ。

ある少年が囲碁を通して、成長していく姿を描いたものだ。

「ヒカルの碁」では、囲碁を通じて、自分の成長を実感できる、というのが、「囲碁の魅力」になっている姿が描かれていた。

つきつめれば、そこだ。

たとえ麻雀であっても、ライバルや強敵が現れると、「倒したく」なる。
これは人間の闘争本能だと思う。
そして、その「倒すために」自分が鍛えられる。
鍛えられることによって、自分の成長が自分でも感じられるのだ。(スポーツでも一緒だよね。)

人間は「成長したがり屋」なんだと思う。

そう思わない?


■■■仕事の達人になる方法(仕事のコツ集)■■■
        ↓
仕事の達人になる方法(仕事のコツ集)


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ人気ブログランキングへ
blogram投票ボタンブログランキング



●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)




posted by ホーライ at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。