2011年06月08日

プレゼン資料作成の本質

パワーポイント(PPT)でプレゼンテーションをしたり、他人の話を聞いたりする機会が多くなった。

30年前は、青の背景に白文字のスライドが一般的だった。

学会のときは、このスライドを作製するのに毎度業者に依頼したものだ。

時代が進むと便利になるものだ。

ところで、PPTでプレゼンをするときに注意しなければならないポイントがある。

それは、話を聞く人の立場で作製して話をするという基本原則だ。

いくら自分が重要な情報だからと思って一方的に情報を提供しても、それは自分の視点でしかものごとを考えていない独壇であり、話を聞

いている人は消化不良になるだけでまったく意味がないものになる。

プレゼンの仕方、資料の作り方、これらについてはいろんな書籍がある。

おすすめのプレゼンテーションのビジネス書は次のもの。

藤沢晃治著「心を動かすプレゼンの技術」角川書店。
   ↓
心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ (角川oneテーマ21)
(アマゾン)




   ↓
【送料無料】心を動かすプレゼンの技術(楽天)

【送料無料】心を動かすプレゼンの技術

【送料無料】心を動かすプレゼンの技術
価格:760円(税込、送料別)




少なくても関連書籍を1冊は熟読してから他人の前で話をすべきだ。



●「プレゼンの仕方」

会社に限らず、組織の中では「報告という業務」の占める割合はとても大きい。

しかし、報告の仕方、あるいは資料の作り方は、個人差が大きいのが現実だ。

しっかり上司に鍛えれている人は、若い人でもプレゼンが上手で、資料も読みやすいものを作る。

資料の作り方を示した解説書や関連図書はたくさんある。

特に、若い人は今のうちに訓練しておかないと10年たっても上手は資料は作れない。

フォーマットや文字の配置、図表の作成など小さなことと思うかもしれない。

しかし、肌理細やかな配慮が為された資料は、とてもわかりやすく短時間で判断できる。



また、報告書は文学ではない。

一瞬に理解できるような明瞭で短い文章が作成できるようにスキルを磨こう。

文章の作成スキルは、毎日欠かさず文章を書くことだ。
そういう意味ではブログはいい教育ツールだ。

150文字の塊の文章を毎日書いていると5年経てば、りっぱな文章が書けるようになる。

資料にそって説明する場合は次の点に注意する。

1.与えられた時間を厳守する

2.重要な点を強調し、資料の棒読みはしない

3.最初に結論、最後に要点を述べる

以上の3点に注意して話すと報告を受けるほうはわかりやすい。

通常の報告は、5分でできる。

もしかの想定(上司が超多忙)を想定して、1分でも報告可能なように準備はしておこう。

ところで、貴方の報告はどのレベルにありますか?


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ人気ブログランキングへ
blogram投票ボタンブログランキング



●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 医薬品ができるまで(治験に関する話題) ■■■
   ↓
医薬品ができるまで(治験に関する話題)



●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ

■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。



posted by ホーライ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。