2011年06月09日

メリハリの「メリ」に?入るか「ハリ」に入る?か

「形式にこだわらず、実をとろう」

サラリーマンが定時に出社して帰社する、形式的にはこれで問題はなさそうに見える。

しかし、今の時代、時間で仕事をしている人はほとんどいないだろう。

アルバイトの学生でさえも実績を求められる時代だ。


また、会議をして議事録を作成する、営業訪問をして報告書を提出する、これらも形式的には仕事をしているのだろうけれど、実態として、何をもって業績と評価してよいのか、困ってしまう。



企業にしても、医療機関にしても、学校にしても、そこには目的がある。

その目的を具現化するために、日々の目標があり、それを達成してこそ、評価される。

言い換えると、目標の達成なしには評価はありえない、という現実を如実にあらわしている。

一生懸命にがんばっているとか、同期(同年)と比べて報酬が低いからあわせる、などという評価はこのご時世にありえない。

あくまでも評価は絶対的でなければならない。




幼稚園で最後に走っている子供に声援がおくられる。

確かに一生懸命にがんばって走っている姿には感動する。

でも、先頭を走っている子供は、日頃から毎日練習をしてこの日に備えていたらどうだろうか。


ある幼稚園は、全員が手をつないで並んでゴールするそうだ(何が何やら・・・・・)。

これだと、ほんとうに日頃からがんばって練習をする意義がなくなる。


一生懸命に仕事をしても、形式的にしても、皆が同じ評価であれば、組織は脆弱化していく。

そういう観点からも組織での個人評価にはメリハリがなければならない。



メリハリの「メリ」に入るか「ハリ」に入るか、それはあなた次第だ。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ人気ブログランキングへ
blogram投票ボタンブログランキング



●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)



■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 医薬品ができるまで(治験に関する話題) ■■■
   ↓
医薬品ができるまで(治験に関する話題)


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ



■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


posted by ホーライ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。