2011年06月16日

「情に竿させば流される」けれど、それをうまく使おう、という話題

人間は「理詰め」で考える人と「情を優先」して考える人の2種類がいる。

「理」で物事を進める人は、ときには、その「理」が逆に「負け」につながることもある。

相手が自分よりも数段「理」が高い人と勝負するときに、自分の「理」まで相手に使われて、「まんまと罠にはまる」というようなことを僕も何度か経験している。



「策士、策に溺れる」とい諺もあるとおり、「理詰め」だけで攻めようとせずに、攻撃するにせよ、守備に回るにせよ、常に気をつけていないとね。


相手が「理詰め」ではいけそうもない、と思ったら、「情」に訴えてみよう。

特に日本人が相手の場合、「情」に訴えるのは有効だ。


時には「理詰め」では全くなく、「情」だけで動いているんじゃないの?と思われる人もいる。

だから、硬軟合わせ技を身につけておこう。


特に交渉が多いモニターのみんなはね。




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ人気ブログランキングへ
blogram投票ボタンブログランキング



●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 医薬品ができるまで(治験に関する話題) ■■■
   ↓
医薬品ができるまで(治験に関する話題)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


posted by ホーライ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。