2011年06月17日

「世間話の天才」は「仕事の話の天才」ではない。

自慢をしたいなら、あえて質問する。

会話が進まない時は質問してみよう。

あるいは、自分のことを話したいなら(自慢したいなら)、そのことをまずは相手に質問してみよう。

たとえば自分の家族のことを自慢したいならば、「お子さんはお元気ですか?」という質問をして、まずは相手に自分の家族のことを話してもらい、きりのいい所で、今度はこちらの子どもの話をする(自慢する)、というように。

逆に、相手から家族のことを質問されたら、「この人はきっと家族のことを聞いてほしいんだな」と思うと間違いない。


一方的に自分のことを話しまくることは、普通、嫌われる。

でも、「世間話の天才」もいるもので、その人の話を聞くのが退屈しない、というよりも、むしろ楽しい!という稀な人もいる。

しかし、往々にして、「世間話の天才」は「仕事の話の天才」ではない。

昔から、学校の先生なんかでも、「授業が脱線ばかりしている」先生がいた。

その脱線した話は面白いのだが、肝心の授業の話が下手で、これはこれで全く困った問題だ。



「相槌(あいづち)」と「質問の定番」を数多く持っていると、会話に苦労しない。

普通、人間は自分のことを話したがっているものだ(僕のように)。


*お仕事は何ですか?

*趣味は何ですか?

*出身地はどこですか?

*休日は何をしていますか?

等など。


あまり質問しないほうがいいものもある。

たとえば、「宗教の話」「政治の話」「給料の話」「下ネタ」等など。(家族の話も、『いきなり』はやめたほうがいい。)



「相槌」と「質問」が巧みだと、思わぬ情報が入ってくることもある。

自分の話ばかりしないで、たまには相手の話に耳を傾けてみよう。(はい。)

ところで、あなたの趣味は何ですか?


■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 医薬品ができるまで(治験に関する話題) ■■■
   ↓
医薬品ができるまで(治験に関する話題)


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ人気ブログランキングへ
blogram投票ボタンブログランキング




posted by ホーライ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。