2012年01月16日

日本の「治験」事情:この現状を真摯に考えるべきだ。

「iPS細胞使い米で治験 東大・京大申請へ 」
     ↓
iPS細胞使い米で治験 東大・京大申請へ :日本経済新聞


確か「iPS細胞」が取りざたされた最初の頃、「iPS細胞」の開発に関して、関係者(当局含む)は「オールジャパン」でやる、というふうに息巻いていた。

それが、実際の治験は日本ではなく、アメリカでやる。

理由は「先端医療の治験ノウハウが豊富な米国で効率良くデータを集め、早期の実用化を狙う。」ということ。


このていたらく。

日本発の先端医療、基礎医療が、実際に使われるのはやっぱり、アメリカが最初なのだ。

いつまで続くのか、「ドラッグラグ」。


僕を含めて治験に関係している全員が、この憂慮される事態を真剣に、深刻に考えるべきだ。


なぜ、「iPS細胞」の最初の治験が日本ではなくアメリカで実施されるのか?


いつまでも、グダグダ言わずに、今すぐに、取り掛かろう。

日本の治験環境を前例に関係無く、縄張り意識を捨て、他人ごとと考えずに、考えるのだ。

いつまでも、重箱の隅を突いてばかりいないで、抜本的に変革しないと、日本の国民が不幸だ。


総合機構は治験を実施している病院を公表すること。

つまり、「治験届」の情報をオープンにすること。

治験の契約は病院長ではなく、治験責任医師との直接契約を認める。

国立病院は治験の実施を義務付けること。


「早期・探索的臨床試験拠点」に予算も人員もテコ入れする事。
   ↓
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/chiken/


●国立がん研究センター東病院 (医薬品/がん分野)

●大阪大学医学部附属病院 (医薬品/脳・心血管分野)

●国立循環器病研究センター (医療機器/脳・心血管分野)

●東京大学医学部附属病院 (医薬品/精神・神経分野)

●慶應義塾大学病院 (医薬品/免疫難病分野)



いつまでも、この悲劇を続けずに、ピリオドを打て。








■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース ■■■
   ↓
最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース


■■■笑うな!(ジョーク集) ■■■
          ↓
笑うな!(ジョーク集)


●●●『今日のB級ニュース』(半径5mから100億光年のできごと(裏))●●●
       ↓
『今日のB級ニュース』(半径5mから100億光年のできごと(裏))


●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。



posted by ホーライ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。