2012年10月09日

倫理的な問題。あなたならどうする?

iPS細胞にしても「倫理的」な問題が残っているが、患者にとっては「何でもいいから治して欲しい」と思う事だろう。

あるいはES細胞なら、もっと「倫理的」な問題が多い。

仮想の話だけど、そういう患者に僕らはどう説明するのだろうか?

「あなたの病気は治る可能性があるのですが、今のところ、倫理的に実施できません」なんて言うのだろうか?


これが逆の立場だったら、どうする?

自分の子どもが難病で、iPSやES細胞による治療法(何でもいい。とにかく今のところ倫理的に問題があるという治療法)でしか助からない、と言われたら?

僕だったら「倫理なんてくそくらえ!」だ。

なんなら、お金を積んで、闇でそういう治療をさせることも厭わない。

世間からは「そこまでして、自分の子どもだけを助けたいのか?」と非難されるだろうけれど、「そこまでして我が子を助けたい」と三人の子どもの親として心底思う。


あなたなら、どうする?




●週刊「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
http://www.mag2.com/m/0000102664.html

●日刊「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
http://www.mag2.com/m/0001423050.html

●医薬品ができるまで(治験に関する話題)
http://chiken-imod.seesaa.net/

●ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

●塚田 淳彦 (ホーライ) facebook
http://www.facebook.com/atsuhiko.tsukada



posted by ホーライ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。