2013年01月27日

「GCPガイダンスの変更が与えた僕に対する影響」

■「GCPガイダンスの変更が与えた僕に対する影響」

GCPが大幅に改正されたものだから、そりゃもう、大変です。

まずは、イントラに載せている「GCP自己学習用確認試験」を改訂しなくてはならなくなりました。

さらにやっぱりイントラに載せている「GCPのe-ラーニング」も見直しています。


新入社員や社内異動や中途採用者用のいわゆる「導入研修」に使っている研修資料も全て見直しています。

特に「治験の流れに沿ったGCPの注意点」を見直すのが大変。(資料が80頁ぐらいあるもので。)



また、毎週金曜日に社内の臨床開発関係者に配信している「GCPメルマガ」の問題も見直しです。


ただ、この見直しの際に、今までの蓄積で社内のモニターの弱点も把握していますので、これを機に、新たな試験問題も追加することにしました。

こういう機会でもないと、研修資料を見直さずに「漫然」と使い続けてしまうので、今回のGCPの改正はとてもよいチャンスとなりました。

posted by ホーライ at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。