2014年02月16日

夢を見る

ディズニー・ワールドができたとき、あるリポーターがウオルト・ディズニーの弟のロイ・ディズニーにインタビューしたとき、こう言った。

「ウオルトがまだ生きていて、この開園が見られればよかったのに。残念ですね。」

ロイはすぐに答えた。

「ウオルトが最初に見たんですよ。そのおかげで、今、あなたが見ているわけです。」


ウオルト・ディズニーには夢があった。

あるいは、アップル社の創設者、スティーブ・ジョブスもパーソナルコンピューターを夢見ていた。

彼らは「何かを想像できるのなら、夢に見ることができるのなら、実現できる」を知っていた。

僕たちは、なぜ与えられたものを受け取るだけで人生に満足しているのだろう?

夢見ることを恐れ、欲しいものを要求するのをためらっているのは、いったい、何故なのだろう?

成功するためのルールだ。欲しい物を、成し遂げたいことを思い描き、それを追い求めよう。
posted by ホーライ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。