2014年03月28日

誰にでも簡単にできる悩みを解消する方法

●悩みがもたらす副作用

「悩みに対する戦略を知らないビジネスパーソンは若死にする」

 (1912年にノーベル生理学・医学賞 アレクシス・カレル)



不安が高じると悩みに変わる。

悩みは人間を緊張させ、イライラするから、胃も刺激するし、血圧もあがる。

それが高じるとうつ病にもなる。



不安、悩み、憎しみ、極端な利己主義、そして現実世界に自分を順応させられない。

「私はもう悩まない。泣いたりしない。物質よりもまさる精神力があるなら、それで必ず勝ってみる。」

「事実を直視する。悩むのをやめる。そして、何かをしてみること。」

自分の悩みを解消させる方法を持つ。

若死にしないために。


■悩みについて知らねばならぬ基本的事実

1.もし悩みと切りたいならば、こうする。

「今日1日の枠組みの中で生きる」こと。

未来のことを気にやまない。

眠るまで、ひたすらその日のために生きよう。



2.苦境に陥り、行き詰ったときは・・・・

a)「問題が解決できないときに起こりうる最悪の事態は何か」を自問する。

b)やむをえない場合には最悪のの事態を受け入れる心構えをする。

c)それから落ち着いて最悪の事態を好転させるように対処する。


3.悩みが健康という名の法外な代償を払っていることを肝に銘じること。

「悩みに対する戦略を知らないビジネスパーソンは若死にする」
posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。