2014年04月25日

「結果は嘘をつきません。」

兆候に注目しよう。

人はみな、自分が誇りに思っていない結果を目の当たりにすることを嫌がる。

気分のいいことではないからだ。

しかし、勇気を出して現実を直視すれば、必要な変化を起すためにすべきことがわかる。

それがわかれば、周囲の意見や自分の直観という形で兆候(サイン)が出ていることに気づく。

その兆候は、悪い結果を未然に防止するための警告だから、適切に対処すれば、状況を改善することができる(運が良ければ)。

たとえば、こんな兆候(サイン)がない?

・親や兄弟が警告する

・友人や知人が助言する

・なんとなく違和感を覚える(僕はよくある)

・「これはまずい」という内なる声が聞こえてくる(僕はよくある)


これらの兆候は、僕たちが状況に対する反応の仕方を変えるきっかけになるから、注意して耳と心を澄ましてみよう。

僕のように聞こえないふりをしていると「痛い目」にあう。


posted by ホーライ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。