2014年06月27日

意見が対立したときには、鳥になろう

人はそれぞれに自分の考えを持っています。

この世に自分と同じ人間がいないように、考え方も人それぞれ同じでないのが当たり前です。

ですから、意見が対立するのは当然なのです。

しかし、意見は対立しても、自分がいる組織や社会を良くしていこう、多くの人のために役立つことをやりたい、という気持ちを皆が同様に持っているでしょう。

この高い次元の思考においては、対立はなく、気持ちは共有できているのです。



鳥になると、高いところから本質が見えてきます。

本質に触れると、それまでの迷いは消え去り、光が差し込んできます。

自分に非はない、相手が悪い、などという視野の狭い考え方は、実に恥ずかしくなり、人間としての威厳を損なうことだと気づきます。


もし、目的を共有する人同士で意見が対立したときには、皆に「鳥になってみよう」と提案してください。

鳥になると何が見えるのか、それを話し合ってみると良いです。

そして、今、見えていると思ったものが、実は真実ではなかったことに気づくと、自分が成長した気分になって楽しくなります。

お互いにそれぞれの違いを指摘し合うのではなく、お互いに共通する本質を探し合う、これが大切なのです。

posted by ホーライ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。